一つ目の生物の研究に命を懸けた男の日記

一つ目の生物とは?

人間は二つ目である。人間以外の生物を見ても、

一つ目の生物はいないように思う。

三つ目の生物のいないように思う。

実は、「一つ目の生物の研究に命を懸けた男の日記」というこのサイトは、

ある男が南極のヴォストーク湖の底に探検したときに、偶々発見した

生物の頭蓋骨から由来にして、書き記された日記である。

目は草食動物だと、側面に付いていて

広い視界を確保するために、

肉食動物だと、前面に付いていて、

獲物との距離を視覚的に正確に測るために

という事実は、生物学を学んだ方なら常識だと思うが、

一つ目の生物は進化の過程で生まれてこないという学者がいるようでいないようで、

そして、このサイトはフィクションということは薄々感じているかと思いますが

でも、昔一つ目の生物がいなかったと断言できるものではないと思う。

化石として、未だ発見されていないからいないと言って、

いないとも限らない。

人の想像力を過少評価してはいけない。

一つ目の生物の研究に命を懸けた男の日記も、

遠い未来、誰かの手によって書かれる可能性もあるのだから・・・

一つ目の生物はいるのか?